TOPページ < 求人関連情報

看護師求人サイト利用のメリット

日本の高齢化の進展で医療ニーズが高まりつつあります。高齢者が増えると必然的に病院や福祉施設にお世話になることが多くなりがち。日本は国民皆保険制度に支えられた世界でも評価の高い医療と言われますが、業界の健保組合は火の車で、医療費の半分は国税で賄われているのが現状です。社会保障支出は歳出の1/4に上ります。医療が先進国で不可欠な社会システムである以上、必要なのことは費用や設備の最適化であり、無根拠な税の積み増しではありません。

最適な費用で設備や人材を獲得するためには、これまで聖域とされてきた医療・福祉業界の中に企業のノウハウを取り入れリソースの最適化を図る必要があります。技術、設備、診察・診断など課題は多岐にわたります。その中で労働力の問題に注目します。

看護学校を出た生え抜きの新卒採用に力を入れ、寿退社でキャリアを終えるのではなく、最適配置された施設のニーズに柔軟に労働力を供給できる労働市場が日本でも徐々に出来つつあります。資格者の転職は医療にかかわらず、生え抜き青田買い指向の日本企業と比較して、以前から活発な傾向があります。しかし看護師の就業者数1,470,421人[準看護師含む、平成22年 日本看護協会資料 1]に対し、潜在看護職員数は55万人[2]。看護師は本来200万人近くいます。ここ10年での看護師の就業者数が合計30万人増加[平成22年 日本看護協会調べ 1]なのに潜在看護師も増え、最適化とは程遠いです。

出展1 http://www.nurse.or.jp/toukei/pdf/toukei01.pdf 日本看護協会統計ページ
2 http://www.isfj.net/ronbun_backup/2008/2001.pdf 日本政策学会

そうした中で、施設での非専門的業務を看護師以外に割り振り人件費を抑制し、転職斡旋市場で組織障壁を越えた人材の最適化を図る民間の努力が進んでいます。転職斡旋市場では、より効率的で診療報酬の評価も高い例えば訪問看護への人材の転入も促すメリットがあります。

看護師の人材の転換を助ける求人エージェントは、近年雑誌やフリーペーパーと並んでネットでの募集が増えています。広告費が嵩む一方で、迅速で費用対効果に優れるメディア媒体にシフトしています。2016年現在、多くの医療機関が求人エージェントに募集を出しています。今や看護師の転職活動に求人エージェントは必要不可欠な存在となっています。看護師に費用は一切かからないので、損はありません。

その他看護師求人関連情報をご紹介!
・人気の看護師求人を見つけるには
・看護師求人サイトを比較
・看護師求人探しはハローワークが良いのか
・看護師求人サイトの祝い金制度

2016年オススメの看護師転職サイトを5社ご紹介!

星5つ

ナースではたらこ

人気ナンバー1の看護師転職エージェントです!求人が豊富にあり、その質も業界TOPクラス!故に満足度が非常に高いです。働きたい病院などがあれば、逆指名することもできます。たとえ、求人が出ていないくてもコンサルタントが代行して求人状況や条件を聞いてくれます。

星4つ

マイナビ看護師

信頼と実績のエージェントのマイナビ看護師!運営会社は2年連続で転職サイトランキング総合1位を獲得している「マイナビ転職」と同じ!そのノウハウをマイナビ看護師で活かしてます。経験豊富なコンサルタントにぜひ相談を!

星3つ

ナース人材バンク

年間10万人の看護師さんが利用しているという「ナース人材バンク」!看護師転職業界でも老舗のエージェントです。人材が欲しい医療機関側からの信頼がとても厚いです。

星2つ

看護のお仕事

全国13万件以上の病院情報を保有!地域ごとに専任のコンサルタントが決まってるので、その地域の事情の詳しいです。転職に成功した方には転職支援金が支給されます。なんと最大で12万円!

星1つ

ベネッセMCM

「進研ゼミ」などでお馴染みのベネッセコーポレーションのグループの企業が運営するエージェントです! 転職可能エリアは首都圏(東京・埼玉・神奈川・千葉)、関西圏(大阪・兵庫)、愛知県です。

オススメ転職エージェント